FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏を過ぎても虫による被害

夏も過ぎようやく過ごしやすくなってました。

夜中、明け方は非常に涼しくても日中はまだまだ汗を多くかく日々が続いています。

あせも、汗かぶれの患者さんはまだまだ多く見かけます。

またこの時期になるとだいぶ「蚊」による被害は減ってくるのですが逆に増えてくるのが

「毛虫」による被害です。

真夏に多い「チャドクガ」による被害ですが、こちらは主にチャドクガの幼虫の毛にやられるものです。

いったん終息するのですが、同じような皮膚炎が秋から増えてきます。

じつはこちらはチャドクガの成虫のお尻に付着している毛によるものです。

厄介なことにこれらの毛は非常に小さく空気中に浮いていることもあります。

毛虫に直接触れたわけでもないのにチャドクガ皮膚炎になるのは

これら空気中に浮いている毛が皮膚に刺さったり、洗濯物に付着した毛が原因のことが多いです。

またペットに付着している毛が原因ということもあるようです。

いずれも小さくプツプツした刺され痕が集中してみられるのが特徴です。

市販の虫刺され外用薬ではなかなか治りにくく慢性化してしまうことが多いです。

まずは皮膚科を受診してください!


前回から引き続き虫ネタですみません・・・。

虫が好きか?と尋ねられたら「大好きです♪」 と答えます。

ちなみに優秀ではなかった医学生時代に唯一「優」の判定をいただいたのは皮膚科学でもなんでもなく

「寄生虫学」

でした。

スポンサーサイト
プロフィール

吉木 竜太郎

Author:吉木 竜太郎
福岡県福津市(旧宗像郡福間町)で平成25年8月6日に開院しました
「よしき皮膚科・形成外科」院長の
吉木竜太郎です。
皮膚のことでお悩みのことはなんでもご相談ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。