FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫外線と皮膚免疫 その2(最後)

前回からの続き

この研究を始めた当時、皮膚に存在するある細胞に関してこれまでの定説を覆すような研究発表が出てきました。

皮膚には「ランゲルハンス細胞」という突起(樹状突起)をもった細胞が皮膚に存在しており

皮膚から侵入してくる異物を捉えてリンパ節で異物に反応するリンパ球を増殖させ、かぶれの反応を誘導する

というのが私が学生の時に習った内容です。

つまり「ランゲルハンス細胞は皮膚から侵入する異物に対して攻撃を加える体制を整えている」

というのが一般的な考えでした。


マウス皮膚のランゲルハンス細胞(緑色に光っている細胞)
LC.jpg


しかし欧州の研究グループがマウスを用い多実験でランゲルハンス細胞を除去してかぶれの反応を見てみると

むしろかぶれの反応が上昇したという研究結果を発表しました。

その後もこのマウスを用いたかぶれの研究報告が多くなされましたが、この当時の最終的な結論として

ランゲルハンス細胞は攻撃を加える方に働くのではなく、攻撃を抑えるように働いているおり
                   攻撃を加えるように働くのは皮膚に存在する別の樹状細胞である


という考えが研究者の間で主流になってきたのです。


ここで紫外線と免疫抑制に関して話を戻しますが

紫外線を照射した部位にかぶれを起こさせる物質を塗布すると、かぶれを生じさせるリンパ球以外に

かぶれを抑制させるリンパ球が多く生産されるということは、それまでの研究でわかっていました。

しかし、このかぶれを抑制させるリンパ球はどのようにして生産されるのか? ということが最大の謎でした。

かぶれを抑制させるリンパ球を生産しているのが、紫外線の照射を受けて攻撃を抑制する機能が高まった

ランゲルハンス細胞なのではないか? という仮説のもと研究を進めた結果・・・

「紫外線照射を受けた皮膚においてランゲルハンス細胞が免疫抑制に重要な因子を生産するようになり

リンパ節で免疫調節性リンパ球を誘導する」


という研究結果が得られました。

「The Mandatory role of IL-10-producing and OX40 ligand-expressing
mature Langerhans cells in local UVB-induced immunosuppression」
Yoshiki R. et. al. J Immunol. 2010. 184(10) 5670-5677



実はこの年に産業医大皮膚科のグループだけでなく、ドイツの皮膚科グループも同様の研究成果を発表しています。

これまでなぜ紫外線治療がアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬など、皮膚の免疫異常による疾患に効果があるのか

最後の謎がここで一応の解明がされたことになったのです。


皮膚科領域における紫外線治療の効果について、またその機序についてかなり端折って書かせていただきました。

かなり専門的な内容を短い文章で書いたためわかりづらいところも多々あると思いますがご容赦を!
スポンサーサイト

紫外線と皮膚免疫 その1

前回からの続き

研究とか実験は全く、微塵もしたくなかったんですが、フローサイトメトリーに関して困っている人がいたら

「ここはこうしてこうすればいいんですよ、フフフ・・・。」

と的確なアドバイスをして颯爽と去るFACSのオタクスペシャリストになりたかったのですが

実際のところは機械の原理、構造を勉強しても実際に生きた検体を解析しないことには

FACSを自由自在に扱うことはできないとわかりました。

そんなある日FACSマニュアルを読んでいると教授が

「きみ、手術ばっかりやってるのにFACSにも興味あるの?。 ふん。 そしたらちょっとこれやってみない?」

と、非常に簡単な課題をいただきました。

おお、ちょうど良かったわーと思って「へい、了解いたしやした。」と二つ返事。

どうやらすでにこの時、前教授の魔法にかかっていたのかもしれません。


そこから、あれも解析してみて、これも解析してみて、新しいFACS入ったから使い方をみんなに教えてあげて

と、まるで実験しているような感じではなく、FACSをいじっているというだけの日々。

FACSの扱いにもどんどん慣れてきて、かなりマニアックな設定までいじれるようなって満足して気づいたら

研究論文1本完成
「IL-10-producing Langerhans cells and regulatory T cell are responsible for depressed
contact hypersensitivity in grafted skin.」 
Yoshiki R. et.al. J Invest Dermatol. 2009 129(3):705-13


すでにどっぷりと実験・研究の世界にはまり込んでおりました。


またもや本筋から離れた話になりましたが、ここから研究の話に入ります。

どっぷりと研究の世界にはまった私に次に与えられた課題が

「紫外線による皮膚免疫抑制機序の解明」

です。

「紫外線を照射した皮膚にかぶれを起こす物質を塗ると
 
      その物質に対するかぶれを起こりにくくさせる細胞が出現する」


ということは皮膚科の世界では広く知られていましたが詳細な機序はながらく不明のままでした。


当時教授と助教授が着目したのが皮膚に存在する「樹状細胞」です。

紫外線を皮膚に照射すると、この樹状細胞が何らかの変化を生じ、かぶれを抑制する細胞を誘導するのでは?

という考えのもと、研究がスタートしました。

(つづく)

紫外線と皮膚免疫

診療所の日記にも書いたのですが、今日から数回に分けて紫外線と皮膚免疫についてご紹介いたします。

よしき皮膚科・形成外科 (診療所日記をご参照ください)

ちょっとその前になぜわたくしが臨床だけでなく研究の道にも入ったのかということですが

私は卒業して産業医科大学の皮膚科に入局しました。

産業医科大学皮膚科には当時「形成外科診療班」があり、その中で手術漬けの日々を送っていました。

手術以外のことは全くする気もなかったのです・・・。


2年目に金沢医科大学形成外科で勉強させていただき、3年目にまた産業医大へ戻ってきたある日のこと

大学の当直中に当時の教授と上の先生方がなにやら難しい話をされています。

どうやら研究とか実験のことのようだったのですが私には何の興味もなく、傍でカップラーメン食べてました。

その中で教授が「じゃあ、〇〇のファックス流しておいて。」と上の先生に指示を出されたのを聞いて

私は「あ、それくらいなら僕がやっときますよ。FAX番号何番ですか?」

と言った直後、みんな大爆笑です。

なんで笑ってるのかサッパリわからなかったのですが研究室へ連れていかれて見せられた機械が

ファックス(FACS)でした・・・。

フローサイトメトリー


細胞表面抗原の測定など様々なことに使用できる機械だと説明を受けました。

だから実験に目覚めたというわけではなく、もともと機械系が大好きなので

この機会をいじり倒したい!

という全く研究・実験とは関係のないことからわたくしの実験ライフが始まったのでした。


おっと外来の診療の準備が始まってしまう!

次回に続きます。

「よしき皮膚科・形成外科」開院です!

開院の日


とうとうこの日がやってまいりました。

昨晩は柄にもなく緊張してしまい、寝苦しい夜を過ごしてしまいました。

開業を思い立って2年弱、紆余曲折ありましたがとうとうここまでこぎ着けたのかと思うと感慨深いものがあります。


しかしあくまで今日ははじまりの日です。

多くの患者さんのお力のなれるよう一層努力してまいります!


診療所の正式なホームページも昨日夜から公開されました

よしき皮膚科・形成外科 ホームページ

ホームページには診療所における「新着情報」を随時アップしてまいります。

また「気になる疾患」についてや「治療法」のことなど、診療を通して患者さんから希望のあったことなどを

ホームページ上の「診療所日記」において適宜ブログ形式でお伝えしたいと思います。

それに伴いこちらのブログは私の雑記帳のようなものになります。


それでは今後ともよしき皮膚科・形成外科をよろしくお願いいたします!

内覧会にお越しいただき、ありがとうございました。

心配していた雨も10時には上がり、何とか内覧会を開催することができました。

お足元の悪い中、多くの方にご来院いただけたことを非常にうれしく思います。

また内覧会では多くの方々からお祝いのお花などを頂戴いたしました。

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

内覧会 1 内覧会 2 内覧会 3
内覧会 4 内覧会 5 内覧会 6


また開院の準備からこれまでずっと多くのサポートをいただいた 丈納建設株式会社 をはじめとした関係各社の皆さん、本当にお疲れ様でした!
内覧会 7

本日は内覧会です

10時から内覧会なのですが・・・

朝から雷を伴った雨がひどいです

内覧会の朝

今この記事を書いている最中も近くでドッカンドッカン雷落ちてるんですけど・・・。

写真のときよりさらにひどい雨になってきました。

お昼から雨が上がることを期待するしかないですね。

この雨なかでも来院していただける皆様はどうかお気をつけてお越しください。

足元滑りやすくなっており、転倒の危険もございますので。

開院のチラシ、模擬診療訓練

ついに明日の朝刊に「よしき皮膚科・形成外科」開院のチラシが入ります!

デザイナーさんに構成などをお任せしましたが、とてもイメージのよい広告なのではと感じています。


また、明日は知り合いの方に模擬患者さんを依頼して模擬診療を行います。

午前中は親戚にお願いしてのんびりとおこないますが

午後からはもっとたくさんの方にご協力してもらって、一番忙しい状態をシミュレーションしてみます。


8月2日は模擬診療のため正面出入り口は開いていますが実際の診療行為は行っておりません。

診療開始を待たれている患者さんには大変ご迷惑をおかけいたしますが8月6日までお待ちください!
プロフィール

吉木 竜太郎

Author:吉木 竜太郎
福岡県福津市(旧宗像郡福間町)で平成25年8月6日に開院しました
「よしき皮膚科・形成外科」院長の
吉木竜太郎です。
皮膚のことでお悩みのことはなんでもご相談ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。